下取り査定と買取査定の違い

下取り査定と買取査定の違い

慣れ親しんだ愛車を手放し新しい車に買い替えようとする時、新車の購入資金を確保するために大きく分けて2つの手段を選択することができます。 1つ目が、特に同じメーカーの車種に乗り換えようとする際に有効な、ディーラーの「下取り」システムを利用することです。 2つ目は中古車の買取專門会社にしてもらう「買取り」を利用する場合です。

下取りのメリットは、いろいろな会社に交渉に行ったり車を持って行ったりする手間が省け、また面倒な手続きもディーラーがやってくれることが期待されるので、とにかく便利なことが挙げられます。 その他のメリットとしては、ディーラーの人と仲良くなれること、そして“常連さん”“お得意様”と呼ばれるようになる可能性があるということでしょうか。 しかし、下取りで引き取ってくれる金額というのは、思ったほどに高くはないのが現状です。

とりわけ、そのディーラーが中古車販売を積極的に展開している会社でなければ、引き取った中古車は実は無用の長物でしかありません。 この場合の下取りシステムは、単に新車を売るための方便に過ぎず、金額的には“お情け”と言っても過言ではないような状況です。 一方の車買取は、中古車の買取りを專門にしている業者が、他のユーザーに販売することを目的として、プロの査定士がしっかり車査定を実施した上で買取り金額を提示します。 手放すことになる車の本当の価値をしっかり見定めて、それに見合った金額を示してくれるのです。

また、中古車の買取專門業者は数多く存在している訳ですが、それらは個別に、その手放そうとする車に対する需要の度合いが異なります。 つまり、A社で提示された買取金額が全てではなく、B社に査定を依頼したらかなり金額がアップしていた、ということが普通に起こり得るのです。 そのため、インターネットの一括査定サービスを活用し、他社の買取金額も知った上で買取業者と交渉することで、より高値で車査定してもらえる可能性も生じて来ます。 そのような競争原理が働くのは下取りの場合ならではの事であり、より高く愛車を売ろうとするなら、中古車買取専門店に話を持って行くのが良いのです。